iPhoneXは世代によってWIFIの利用に制限があることがあります。


WIFIは日々進化しており、多数の規格がありますが、現在主流となっているのは802.11nと言われています。


802.11nは300Mbpsに対応した高速通信がウリですが、iPhoneXの場合はiPhoneX4からの対応となります。


802.11nには電波によって2種類があり、iPhoneX4ではこのうち、2.4Ghz対応版のみが利用可能です。

5以降は5Ghz対応も果たしており、802.11nの最高速度が利用できるようになっています。

802.11nは300Mbpsが最大速度ですが、通常は接続環境によって速度は低下してしまいます。

特に壁越しの通信は速度が一気に落ちます。



自宅で利用する場合には壁によっては電波が通らないことも多いようです。


そのような場合は中継器を利用すると良いです。

ブリッジとも呼ばれる機材であり、WIFIルーターと繋ぐことでWIFI電波を中継してくれたり、機材によってはLANポートが用意されていて、WIFI環境がない機材でも繋げるようになっているタイプも販売されています。

2.4Ghzと5Ghzを選ぶポイントは2.4Ghzを利用する機材が多いかどうかです。

2.4Ghzは802.11gやbでも利用されますのでチャンネルが混線しやすいです。



そこで開いていることが多い5Ghzを利用することが良いですが、5Ghzは壁を通りづらいので設置には注意が必要です今ではスマートフォンは多く普及してきて、なかでもiPhoneXは多くのユーザーに支持されています。
シンプルなデザインで、使い勝手も非常にいいです。

スマートフォンはインターネットを利用する際、以前の携帯と比べると非常に快適に使用することが可能です。

中でもiPhoneXは簡単な操作で、色んな機能を利用することが可能となっています。

人気の端末であるので、カバーなども他の端末と比べると非常に多く、自分にぴったりのものにアレンジして使用することも簡単にできます。

専門のショップなども展開されて、インターネットを通じて多くの関連商品を購入することが可能です。

今やiPhoneXは日常生活に欠かすことのできないアイテムの一つとなってきています。


使用する際に注意することは、端末が破損して、中のデータなどが破損した場合のために、パソコンの中にデータのバックアップを取っておくことです。
そうすることで端末がもし破損し、新しいiPhoneXに変えたときも、以前使用していたデータをそのまま移行できますので非常に便利です。


またiPhoneXでしか利用できないアプリなどもありますので利用してみるのもいいかも知れませんね。



非常にデザイン性に優れていて、持っているだけでオシャレに見えたりもするので、ファッションなどの一部として使用してみるのもいいかも知れませんね。
携帯はいまやただ連絡をするものだけでなく、生活を豊かで楽しくしてくれるものになっていますね。