iPhoneXは非常に高性能な端末です。
最近では指紋認証機能等も搭載され益々便利になってきました。
iPhoneXの楽しみ方はお気に入りおアプリケーションをダウンロードして楽しめる事です。

鮮やかで高精細な画面で楽しむ動画や、ゲームは大変面白いです。

しかし、アプリケーションやデータが高度化するとそれだけ、容量も多く消費します。


その時に最も気になるのがデータ通信の容量です。
最近では、各携帯会社もデータ通信の容量の上限を定めており、それを超えると、一気に通信速度が低下してしまいます。
定額性や自分の使用料に合わせて好きなプランを選べたりと様々です。

貴重なデータ通信容量を少しでも節約するためには、自宅ではwifi環境で利用し、外出時等の必要な時には、LTE回線を使うなどの柔軟な対応が必要なのはよく知られている方法です。

それ以外にもiPhoneX本体での設定で改善される面も多々あります。設定の項目のモバイルデータ通信をオフにする事で、本体が自分の知らない所で勝手にアプリケーションの更新等を行わないようにする事ができます。

このように、上手にデータ通信容量を使う事で自宅でも外出先でもフレキシブルに楽しむ事ができます。
今後、更に高度なアプリケーションが進化・登場する中で、データ通信の使用量は、大きくなって行きます。
日頃から自分自身の使用法に関して、把握しておく事で、無駄な料金を払わずに賢い、使用が可能となります。iPhoneXはNTTドコモ、au、ソフトバンクから通信プランが提供されています。


この他、アップルストアで販売されているSImロック解除版を利用つれば通信キャリアを問わずに利用できます。

大手3社の通信プランはだいたい同じプランが提供されています。

多くのプランでは通話かけ放題にパケットパックを購入する形になっています。
電話かけ放題はLTE回線になって進められているプランで、24時間他社の携帯も含めてかけ放題となっています。

月々の料金は2千円程度の場合が多いです。

また、iPhoneXで特に重要なデータ通信についてですが、各社とも2GB程度から7GBまで用意しています。

データ通信については個別の契約のほかに家族でシェアするプランも大変好評です。
iPhoneXの専用プランとして料金を下げている通信キャリアもありますが、データ通信については2千円から1万円程度までと幅広い選択肢が用意されています。

データ通信についてはLTE回線で使用できる通信料が固定されています。


契約した通信量を超えると速度制限が起こることが多いようです。


速度制限は一般的に128kbpsに制限される事が多いです。


通常数十Mbps出ることを考えるとかなりの速度制限と言えます。しかし、速度が落ちて困る場合には1GB単位で追加購入できるキャリが多いです。また、シェアプランを利用している場合には他の人の余っているデータ通信量を利用可能になっていますiPhoneXはインターネットに繋がってるからこそ意味があると考えがちですが、各キャリアの通信プランは2GBから7GBまで通信量を制限していることが多くなっています。
特に単体で契約している場合には通信量が増えてしまった場合に追加で購入するのがとてもつらいとかんがえる方も多いようです。

そこで無駄な通信を抑え、LTE通信量を極力下げる方法を模索してみます。

無駄な通信量で最も多いのがゲームなどのアプリです。


これらのアプリはバッググラウンドにいても通信していることがあります。

そこで利用しないアプリは自分でどんどん停止させるのが重要です。アプリの停止のさせ方はホームボタンの2度押しで今起動中のアプリ一覧が出ますので、アプリを長押しでバツボタンを表示させて停止させれば良いです。
また、アプリではなく、iPhoneXの機能としてバッググラウンドでいつも動いているアプリもあります。
このようなアプリは設定から各アプリを選べば通信するかを選べます。



もし、個別の対応が面倒な場合はモバイル通信を一旦オフにするのも有効です。

iPhoneXでは設定から機内モードを選ぶかモバイル通信をオフにすれば良いです。

機内モードは音声通話もオフになるので注意が必要です。

モバイル通信がオフになっても通話はできます。

iphoneX情報サイトを利用しましょう。

このようにすれば通信量が減りますが、通信が必要ということであればWIFIを積極的に利用するのも手です。各キャリアはWIFIも充実させているので利用を検討すると良いですiPhoneXでは3GやLTEなどの通信キャリアの回線を利用することが多く、一般に言われる通信制限になってしまうユーザーがとても多いようです。

通信制限を受けると追加で通信量を購入しない限り速度が200kb程度に落とされることが多いようです。

通信量はいくつかのテクニックを使えば減らせることが多いです。

1つめのポイントはキャリアが用意している画像の圧縮オプションを使うことです。

ホームページやブログ、Twitterなどので多くある画像をスマートフォンに合わせて圧縮して転送してくれる機能が通信キャリアで無料で提供されていることが多くなっています。

iPhoneXでも通信キャリア側での設定をすれば圧縮して通信が行なわれるのでかなりの通信量の削減が可能です。ただし、iPhoneXで撮影した画像などを転送する場合には適用とならないので注意が必要です。

また、一部のゲームアプリでは画像などが圧縮されてくるとえらーとしてゲームができない場合もあるようなので注意が必要です。



この圧縮オプションはソフトバンクでは標準機能としてはずすことができませんが、NTTドコモの場合は外すことも可能です。また、根本的に3GやLTEなどの通信キャリアを使わずにWIFIを用意する、MVNOの回線も利用することも重要になってきます。


一般的に通信制限になるほど利用する場合にはMVNOを追加で契約しても十分元が取れる事が多く、iPhoneXでもMVNOは利用することができます。