自宅では3GやLTEではなく、WIFIが推奨されます。
これはパケットが使われないことでキャリアの通信制限を回避できるためです。
家庭でWIFIを利用するにはWIFI対応ルーターとインターネット接続プランが必要です。

インターネット接続プランはプロパイダを利用すれば良いですし、プロパイダによってはルーターまでレンタルしてくれることも増えています。



家庭でWIFI環境ができれば自分専用のWIFIとして最大300Mbpsの高速通信が可能です。

外でも公衆WIFIがありますが、速度は皆で分け合うのでそれほど速くないことも多いようです。



iPhoneXのWIFI対応は4以降であれば801.11nに対応しているので300Mbpsが利用できますがiPhoneX3Gなどはさらに下の802.11bや802.11gでの接続となります。ルーターは下位互換があるので買う際は高速通信できるタイプを選べばよいです。

WIFI接続機器が多い場合には混線してしまうことがあります。
混線は速度低下や切断が起こりやすくなります。


その際にはiPhoneX5以降であれば802.11aや802.11nの5Ghz対応版を利用すれば良いです。

通常は2.4Ghzを利用しますが、これらが使う5Ghzは接続距離が短いですが、電波帯が違うので混線せずに利用できるメリットがあります。
iPhoneXは世代を超えるごとにWIFIにも対応が進んできていますのでルーターの性能もどんどん上げていくと良いですiPhoneXは世代によってWIFI対応が変わってきますがどの機種でも対応しているのが802.11gです。

802.11gは最大速度が54Mbpsなので通常の使い方では問題が少ない速度です。

さらに802.11bという規格もありますがiPhoneXの場合は802.11gが全機種で対応しているので速度面で早い方を選んでよいです。

802.11bは一部ゲーム機などで利用されていることがあります。ただし、WIFIは電波状況で速度がかなり異なります。


iPhoneXを使っていて速度が気になる場合にはチャンネルをチェックしておくと良いです。

通常、1から12ちゃんねるまで利用されることがありますが、ルーターによってはチャンネルがうまく分散されずに偏った接続になってしまうこともありますので注意が必要です。
もし、ルーターの管理権限があるなら遅くなっている場合には無線の接続状態をチェックしておくと良いです。

偏りはルーターの設定で変更可能です。その際、上位のWIFI規格が利用できるなら乗り換えるのも手です。


iPhoneX4以降は802.11nにも対応してます。

802.11nは300Mbps対応の規格です。

ただし、802.11nは電波状態が802.11gよりもシビアなので通信速度低下だけではなく、切断も怒ることがあります。

特にレーザープリンタを多様している場合には安定しないことが多いようです。

環境によってWIFIは適切に選ぶことが大事です。