無線LANが人気である理由

近年、有線LANでネットワーク構築をするよりも、無線LANでネットワーク構築をするケースが定番になりつつあります。



有線LANはLANケーブルで物理的に接続されていますので、電波の混線などが起こらず、安定したデータ通信が行える環境を整えられます。
しかし、LANケーブルは長さが限られており、LANケーブルを繋げた端末を自在に様々な場所で使えるわけではありません。



その為、無線LANに対応した機器が増え、データ通信速度とセキュリティ性能が向上した為、無線LANの方が人気になっています。

LANの無線化を行う事で、複数の端末を無線ルーターやアクセスポイントに接続する事ができ、屋内の広い範囲でインターネットの利用が行えます。

無線LANの良いところは、LANケーブル無しでネットワークを構築出来て取り回しが良くなることですが、スマートフォンユーザーは、契約しているモバイル回線のプランに割り当てられている容量を節約して使えるといったメリットもありますので、コスト面でも優れたネットワーク環境を作り上げられます。
人気の陰でセキュリティに関する事が話題になっています。

よくあるのが、ユーザーが初期設定のままで無線LANを使っている事です。


人気が広がった事でリスクも同時に高くなってきますので、導入をしたらパスワードなどの設定を行い、ユーザーが行えるあらゆるセキュリティ対策を行えば、安全に使っていく事が出来るでしょう。