どこにでもWifiを設置

無線LANは至るところにあります

無線LANは至るところで使われています。

一番身近な場面は自宅内のネットワークです。各家庭では複数のパソコンやスマートフォン、タブレットを所有していて、無線LANで無線LANルーターに繋げています。

このルーターはDHCPサーバーの役割も担っていて、各端末に各々プライベートなIPアドレスを付与しています。このルーターにはプロバイダから受理したグローバルなIPアドレスが一つ割り当てられていて、このアドレスを使ってインターネットへアクセスします。同時に各端末がインターネットへ接続できるからくりは、ルーターがIPマスカレードというNAT機能により、グローバルなIPアドレスに加えポート番号を付与して、コネクションを一意にすることができるからです。無線は他にもたくさん使われています。携帯電話事業者が主要な場所に料金のかからない公衆無線LANを設置しています。

したがって、外出していても、これらを使う設定にさえしていれば無線でインターネットへ高速にアクセスができます。こういった料金のかからない場所は徐々に増加していますので、今後はもっと便利になるでしょう。ファストフード店などでも同様なサービスが受けられるため、小腹がすいて入店した際には、ついでにインターネットへ接続も可能です。もちろん、料金を払って有料のものを使えば、さらにセキュリティが強化された環境で安心してインターネットが楽しめます。今後は無償のサービスが伸びていくと推測されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *